アクセスカウンター

十枝の森とは

十枝雄三翁(明治6年生)は、その生涯を、度重なる干ばつに苦しむ九十九里沿岸の451か町村の用水事業を戦前から手がけ、戦後GHQに忍耐強く働きかけ5億円(12兆円に該当)の拠出を得て銚子の利根川からの引水で両総用水を昭和25年に完成させ、この地を国内屈指の穀倉地帯に変貌させた第一功労者であり、「名誉町民第一号」です。翁の屋敷であったこの森で、自然をこよなく愛した娘の故澄子さん(哲学者・俳人)により大網白里市に寄贈された森です。翁が生前京都から移植したイロハモミジの群生と、200年を過ぎた楠木とトチノキの大木や、四季に咲く野草の花などの豊富な自然を形成する心の癒される森であります。

                             

                               

 

               

                              

 

                                   年 間 行 事

                                                                       

                                                                                                            平成 265月設定

 

                       森の日(十枝澄子命日)   4月9日    

 

                       農作物植栽、収穫      4月~11

                                                     

               十枝の森の音楽祭    (春)    

 

                       十枝の森の音楽祭()    10月8日(第2日曜)10時~

           

           イロハモミジ紅葉祭 と 芋煮会 12月2日( 土曜 ) 10時~

                                       雨天順延

                 

            .

 

         会員による森の管理作業  ( 第2日曜・第4日曜 ) 13時半~

                                                                                              但し( 第4月曜 )は  9時半~